LOVE49 プロジェクト

【実施報告】2018年春 LOVE49 全国街頭予防・啓発アクション

子宮頸がん検診受診を勧め、女性の健康を後押しをする
日本最大級の啓発アクションが、今年も無事終了しました。
※一部地域を除く

子宮頸がん検診の最前線で働く
「がん発見のスペシャリスト、細胞検査士」を中心とした
1000名を超えるボランティアスタッフが一斉に全国で呼びかけました。

子宮頸がんが増え続けている20~30代の女性に声をかけ検診受診を勧めながら
ニュースレター「まもること」などを全国47都道府県で約7万部配布しました。

10年続くこの予防・啓発活動には大丸松坂屋百貨店をはじめ
多くの企業や団体が賛同し活動を共にして頂いています。

2018年活動場所一覧


新潟県の様子

今後は更に影響力のある活動につなげ
先進国最低ラインの子宮頸がん検診を時代に合わせて推進し
受けやすい環境整備などを提言し
この予防できるがんで子宮を無くすこと、命を落とすことがない
社会を目指して声を上げていきたいと考えています。