1. HOME
  2. 寄付・賛同金募集

寄付・賛同金募集

当会の活動趣旨にご賛同のうえ、
寄付・賛同金をの募集します。

女性の特に20代~30代へ子宮がん定期検診の必要性をつたえること。
いま、誰にも言えず子宮疾患に悩む女性に、
やさしく速やかに医療機関への受診を後押しすることを目的としたプロジェクトに
広く皆様のご賛同を賜りますよう、お願いいたします。

  • 子宮頸がん検診の大切さを伝える

    セミナーの開催

  • 子宮頸がん啓発

    パンフレット・企画販売

  • 子宮頸がん検診に関する

    調査研究

  • 「日本の子宮頸がん検診の制度を変える」

    政策提言

  • 「日本子宮頸がん予防・啓発連絡会議」

    会議の開催

ご支援方法

個人会員

5,000円(1年間)

ご支援いただけると

  • 子宮頸がん啓発パンフレット、小冊子パンフレット、資料など
    各5部

  • 缶バッジ 10個

  • ピンバッジ 1個

  • 各種イベント、専門セミナーへのご招待

  • 「日本子宮頸がん予防・啓発連絡会議」へのご招待

弊会の運営を活動的にご支援いただく形です。
日本の子宮頸がんを取り巻く環境を変える活動は、長期的におこなう必要がございます。
どうぞご協力ください。
個人会員になっていただくと、活動報告をメールなどでお届けします。イベントなどの募集情報をお届けいたします。

ご入会・お問い合わせ

団体会員

100,000円(1年間)

ご支援いただけると

  • 子宮頸がん啓発パンフレット、小冊子パンフレット、資料など
    各5部

  • 缶バッジ 10個

  • ピンバッジ 1個

  • 各種イベント、専門セミナーへのご招待

子宮頸がん検診の大切さを届けるために、法人会員を受け付けております。
ぜひ女性たちの未来を守るためにご支援をお待ちしております。

単発の寄付や寄付付き商品については、事務局までお問い合わせください。

ご入会・お問い合わせ

寄付金対象控除

弊会は2014年10月より東京都の認定を受けて認定NPO法人となりました。
それにより寄付をされた方は確定申告によって寄付金対象控除を受けることが出来ます。

個人の場合

寄付金から2,000円を引いた額の最大50%(所得40%+10%)※1が戻ってきます。

年間5万円寄付した場合

国税分

(5万円-2,000)×40%=
19,200

地方税分

(5万円-2,000)×10%=
4,800

控除額

合計24,000

確定申告を行うことで、寄付金額の最大半額が戻ります。

1 住民税も寄付金控除の対象になり、控除割合は最大10%(都道府県民税4%/市町村住民税6%)です。ただし、各自治体によって異なります。

控除額には一定の上限額があります。また、所得によっては従来の所得控除方式が有利となる場合があります。詳しくは最寄の税務署にお問い合わせください。

法人の場合

法人の場合、一般寄付金の損金算入限度額とは別に、特別損金算入限度額の範囲内で、損金として算入することができます。
詳しくは最寄の税務署にお問い合わせください。

【参考】
▼わかる-寄附金控除( NPO法人シーズ・市民活動を支える制度をつくる会)
https://www.nintei-torou.net/わかる-寄附金控除/

▼おしえて!認定NPO法人のこと(NPO法人シーズ・市民活動を支える制度をつくる会)
https://www.nintei-torou.net/認定とろう-ナビ/第一章-おしえて-認定npo法人のこと/