LOVE49 プロジェクト

LOVE49 TOP

子宮頸がんが、20代30代の若い女性に急増中です!

 子宮頸がんの原因であるHPV(ヒューマン・パピローマウィルス)は、女性の8割が一生に一度はかかると言われるほどのありふれたウィルスで、セックスにより感染します。といっても、ウィルスの多くは風邪をひいた時と同じように体の免疫機能により排除され、約90%が2年以内に消失します。

 ところが、高リスク型と呼ばれるタイプのHPVに感染した場合、ウィルスが子宮の入り口付近に居座って細胞に異常を引き起こしてしまうことがあり、それが数年から十年程度の年月を経てがんになってしまうことがあります。子宮頸がんはHPVというありふれたウィルスが作り出す、ごくごく稀な合併症だといえるのです。

 セックスの経験があれば年齢に関わらず誰もがHPVに感染する可能性があり、ひいてはがんになる可能性があります。がんというとどうしてもお年寄りがなるものという先入観を持ってしまいがちですが、子宮頸がんの場合それは間違った認識です。初体験の年齢が昔より下がっている分だけ、近年若い女性に大変な勢いで増加していて、20代30代の女性もがんになってしまっています。

 晩婚化が進む中、子供を生む前の若い世代ががんになり子宮を失ってしまうのは、大変残念で悲しいことです。どうにかして防がなければなりません。

 幸いな事に、子宮頸がんはその原因や経過がはっきりと判明しています。

 子宮頸がんの原因がHPVであることは、発見者のドイツのハラルド・ツア・ハウゼン博士が2008年にノーベル医学賞を受賞したことで世界の常識となりました。

 細胞ががんになる過程でどんな風に変異していくのかも長年研究されていて、子宮頸がん検診で行われている細胞診検査では、ごく初期の段階から細胞の異常を発見することができます。定期的に検診を受けていれば、異常があっても小さいうちに見つけることができるので、メスやレーザーで患部だけを取り除く治療を行い、子宮を残すことができます。もちろん妊娠も出産も可能です。細胞診検査は安全でほとんど痛みの無い検査で、全国どこの市町村でも公費の補助を受けて受診することができ、世界的に見ても高い精度で検査が行われています。

 また高リスク型HPVを検出するHPV検査を行うことにより、将来のがん発症の可能性を知ることができ、細胞診と併用することでさらに確実にがんを発見することができます。

 感染そのものを防ぐ目的で、がんの原因である高リスク型HPVのうちの一部のタイプを予防するワクチンも開発されています。これによりおよそ7割の子宮頸がんを予防することが可能になり、すでに各国で、セックスデビュー前の年齢層を対象とした大規模な予防接種が行われています。日本でも昨年認可され大きな話題を呼びました。ただしワクチンを打った場合でも予防できるのは7割程度ですので、これまで通り細胞診による子宮頸がん検診を行うことも重要です。

 つまり子宮頸がんは、きちんとした対策を取れば確実に予防できるがんなのです。

 残念ながら日本では子宮頸がんに関しての認識が低く、検診率は先進国中最低ラインです。多くの国で子宮頸がんがすでに過去の病気になりつつある中、日本の女性にとって子宮頸がんは未だに他人事で、自分自身の問題としてその危険性が受け取られていません。

もちろん、子宮頸がんだけが問題なのではありません。通常の生活ができないほどの生理痛がひどい、腹痛、腰痛、頭痛があるなどの症状が気になる場合、月経困難症や子宮内膜症をはじめとするやさまざまな子宮疾患である可能性があります。「女性なら、当たり前の痛み・・・」と我慢せず、病院で気軽に受診されることをおすすめします。

 あなたとあなたの大切な人のために、子宮頸がんについて知って下さい
 きちんと予防をして、子宮頸がんにならないで下さい。

  

みんな、子宮から生まれて来た。子宮を愛そう。LOVE49♥。

ページTOPへ戻る